• HOME
  • Wordpress
  • [Wordpress]X(エックス)サーバーでのvagrant公開鍵認証

2020/06/05 20:25

[Wordpress]X(エックス)サーバーでのvagrant公開鍵認証

VagrantでWordpressのローカル環境構築の話のスピンオフ記事となります。

Xサーバー(エックスサーバー)を使った時のVagrant+VirtualBox+VCCWでのWPローカル環境では「秘密鍵」と「公開鍵」の生成、認証が必要となりますので、今回はその認証方法の説明記事です。

 

私は普段はロリポップのレンタルサーバーを使う事が多いのですが、案件によってはエックスサーバーさくらサーバーも使います。

 

 

今回はエックスサーバー利用時のVagrantローカル環境構築編です。

方法はいろいろあるようですが、私が一番簡単に感じた方法をご紹介します。

 

 

ちなみにある程度「Vagrant」を触ってみた人用の内容になるかと思います。

あるいは以前のVagrantでのローカル環境構築方法の記事をある程度進めてみた人が対象です。

 

 

 

Vagrantにログイン

 

まずはVagrantでSSHに入るとこまで進みます。

コマンドプロンプトを使います。

 

【Vagrant起動】

vagrant up

 

【Vagrantにログイン】

vagrant ssh

 

 

秘密鍵と公開鍵を生成

 

SSHに入ってからコマンドでコレ。

 

ssh-keygen

 

最初のはそのままエンターで大丈夫かと。

その後、パスワードをタイプしてエンターする。

これを2回。

 

もちろんここでの入力したパスは覚えておきましょう。

 

 

公開鍵をコピー

 

次にkeyとなるものをコピーする必要があります。

コマンドで続けてコレ。

 

chmod 600 ~/.ssh/id_rsa.pub

cat ~/.ssh/id_rsa.pub

 

ズラズラ~っと文字の羅列が表示されます。

表示されているssh-rsaからvagrant@~まで全てコピーする。

 

 

公開鍵をXserverに登録

 

続いてエックスサーバーの管理画面へ。

 

 

 

 

アカウント > SSH設定をクリック。

 

SSH設定 > 公開鍵登録・設定

 

 

 さっきコピーした公開鍵をそのまま全てペーストして登録します。

 

 

ここまでできたら、「サーバーID」を確認して下記を書き換えた上でコマンドで打つ。

 

ssh 【サーバーID】@【サーバーID】.xsrv.jp -p 10022

 

その後、接続が確認できたらexitでログアウト

exit

 

 

Wordmove使える状態

 

ここまで成功すれば後はもう

vagrant ssh

cd /vagrant

wordmove pull --all

 

…というようにコマンドが使えるようになっているかと思います。

 

ただ、pushしたりpullしたりするたびにパスワード求められるのが面倒に思えるんですが…

何かしら対策できるのかもですが、興味のある方は調べてみてください。

 

取り合えずこれで快適にVagrant利用はできるようになりましたね。

 

 

では現場から以上です!

 

683

PICK UP

ハイスピードプラン