• HOME
  • CODE
  • WEBサイト修正・更新後のキャッシュの対策として使えそうな一例

2020/06/29 11:31

WEBサイト修正・更新後のキャッシュの対策として使えそうな一例

最近やたらとブラウザのキャッシュが強まってきてる気がしませんか?

気のせいでしょうか?修正してもクライアントに「変わってないんですけど?」と言われる事が増えたような…

みんながみんなスーパーリロードをかけてくれる訳ではないので、こちらでできる対策の一例をご紹介します。

 

更新時に「CSS」ファイルを読み込んでる箇所を

 

【CSS】

<!-- StyleSheet -->

<link rel="stylesheet" href="/style.css">

 

上記の箇所を例えば下記のようにします。

 

【CSS】

<!-- StyleSheet -->

<link rel="stylesheet" href="/style.css?v=1.0.1">

 

ちなみに、「?」以降の表記は何でもいいです。

取り合えず分かりやすいようにバージョン表記風にしてますが。

後は修正するたびに「1.0.2」「1.0.3」と違う表記に変えてやります。

 

こうする事によって、閲覧者は「そのサイトのスタイル(CSS)を初めて読み込むこと」になる訳ですね。

 

これけっこう使える対策なんじゃないかと思います。

 

 

では現場から以上です!

 

443

PICK UP