• HOME
  • CODE
  • JavaScriptやPHPでの四捨五入、切り上げ、切り捨ての記述方法

2020/08/29 21:59

JavaScriptやPHPでの四捨五入、切り上げ、切り捨ての記述方法

数字を扱う時、特に金銭等を使う時には計算式の中で四捨五入や切り上げ、切り捨てを使う時があるかと思います。

今回はJavaScriptやPHPでの四捨五入、切り上げ、切り捨ての記述方法をご紹介します。

 

JavaScriptでの記述方法

 

【JavaScript】

 

・四捨五入

 

Math.round(123.456); // 123

Math.round(123.567); // 124

 

・切り上げ

 

Math.ceil(123.456); // 124

Math.ceil(123.567); // 124

 

・切り捨て

 

Math.floor(123.456); // 123

Math.floor(123.567); // 123

 

・小数点第n位

 

下記は小数点第2位までの切り捨て例。

 

var n = 2;

Math.floor(1.23456789 * Math.pow(10, n)) / Math.pow(10, n); // 1.23

 

・toFixedを使う方法

 

var num_obj = new Number(15.784);

var str1 = num_obj.toFixed(0); // "16"

var str2 = num_obj.toFixed(2); // "15.78"

var str3 = num_obj.toFixed(4); // "15.7840"

 

 

PHPでの記述方法

 

【PHP】

 

・四捨五入

 

round(3.4); // 3

round(3.5); // 4

 

・小数点第n位

 

2つめの関数に小数点何桁まで表示するかを指定できる。

 

round(3.1415, 1); // 3.1

round(3.1415, 2); // 3.14

round(3.1415, 3); // 3.142

 

マイナスにすることで整数の何桁以上で四捨五入するかを指定できる。

 

round(271828, -1); // 271830

round(271828, -2); // 271800

round(271828, -3); // 272000

 

・切り上げ

 

ceil(3.14); // 4

ceil(-3.14); // -3

 

・切り上げ

 

floor(3.14); // 3

floor(-3.14); // -4

 

 

以上、備忘録として。

 

現場から以上です!

2506