• HOME
  • Wordpress
  • エラー時に知ってて得したPHPの構文チェック

2020/07/15 2:32

エラー時に知ってて得したPHPの構文チェック

WordPress内で「サイトで技術的な問題が発生しています」というエラーメッセージが出た時の恐怖…経験ありませんか?

そんな時にいくら探してもエラー箇所が分からない、見当たらない、そんな時に役立つかもしれない?今回はそんな内容のお話です。

 

 

PHP構文チェックツール

 

カンマが足りないor多い

コロンやセミコロンが足りないor多い

カッコが閉じれてない

…等と、いろんなミスってやっぱりあるもんですよね。

 

特にPHPとなると複雑な記述も多いと思うので探しにくいもんです。

 

 

ブラウザ上でチェックできる便利なサイトがいくつかありますのでご紹介します。

 

・PHPコードの構文チェック

https://jp.piliapp.com/php-syntax-check/

 

・PHP Code Checker

https://phpcodechecker.com/

 

・PHP構文チェッカー

https://rakko.tools/tools/31/

 

 

目で見ても「どうしてもエラー箇所を探せない…」という時に活用してみてください。

 

 

Wordpressであればデバッグモードでエラー表示させてみる

 

WPを使っているのであれば、簡単にエラー内容を表示させる方法もあります。

 

 

「wp-config.php」ファイル

 

define( 'WP_DEBUG', False );

 

これをこうする↓

 

define( 'WP_DEBUG', True );

 

そうする事でデバッグモードになりますので、エラーの内容なんかを表示してくれるようになります。

私はこれで助けられた事がありました。

 

 

覚えておくといざという時に役に立つかもしれません。

 

でが今回はこの辺で。

 

現場から以上です!

4111

PICK UP